スガタビvol.10 | グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のおかいもの】

2018おせちのご予約スタートしました!早期ご予約で送料無料

須賀洋介のSUGA TA VIE(スガタビ) 福岡県編

SUGALABOの須賀シェフが、
厨房を離れて、旅に出ます。
今月は福岡県。地元の美味が、
世界で評価されるスターになるように。
そして、みんなが地方へ旅をし、
旅がTA VIE(あなたのスタイル)となる
きっかけとなるように。
そんな思いで、日本各地を回ります。

SUGALABOの須賀シェフが、厨房を離れて、旅に出ます。
今月は福岡県。地元の美味が、世界で評価されるスターになるように。
そして、みんなが地方へ旅をし、旅がTA VIE(あなたのスタイル)となるきっかけとなるように。
そんな思いで、日本各地を回ります。

婦人画報の連載は2016年の10月号からスタート!好評です!!
実は、旅で見つけたおいしいもの、素敵なものは、ここから購入可能です。第10回は福岡県八女へ。

田舎庵のうなぎ

田舎庵 叩き焼き 鰻蒲焼 4袋入りイメージ

田舎庵

叩き焼き 鰻蒲焼 4袋入り

田舎庵 叩き焼き 鰻蒲焼 4袋入り商品画像
10,000円(税別)
ご購入はこちら

ふっくらとして厚みのある鰻を、これ以上香ばしく焼けないというくらい、こだわりのある独自の焼き方で蒲焼きにしました。自然に近い露地養殖で時間をかけて育てているため、脂の乗り具合は天然鰻にも引けを取りません。身を半分に曲げて叩きながら脂を落とし、落ちた脂からの煙でいぶしながら焼いていきます。皮はパリパリ、身はふっくらで奥深い香りと味わい。脂っぽいのが苦手という方にもおすすめです。炊きたてのご飯はもちろん、日本酒の肴にも。同梱で届く大阪・堺の老舗「やまつ辻田」の山椒を振りかけてお召し上がり下さい。

福岡の糸島イメージ

福岡空港に着いて、糸島に向かう。ここで思いもかけず、1000年前にタイムスリップすることになる。シナモンティーの茶葉を栽培する「泉屋六治」の白石強さんに案内された染井神社には、奈良時代に伝わった茶の原種から、杜仲、シナモン、クコなどが育つ。参道脇の池にかかる橋に座り、遥か昔に中国から茶が伝来したころに思いを馳せた。今回の旅はここから始まった。

八女は、福岡県の南部の山間地にあり、福岡市内から車で1時間ほど。訪れるまで、ぼくは玉露と煎茶の違いもよくわかっていなかった。煎茶は、太陽光に当てて作られるため、茶葉は明るいグリーンでかたく、渋みや苦みがやや強い。それに比べ、玉露は遮光して栽培され、濃いグリーン。とくに、茶の樹を整えず自然のままに育て、藁ぶきの天井を作り、雨や乾燥から守りながら作り、手摘みにこだわるのが「八女伝統本玉露」。この畑を見に行った。

八女伝統本玉露の茶畑イメージ

摘むのは、柔らかな先端部分、「一芯二葉」と呼ばれる、茎の先端とそれに続く2枚の葉までの5センチくらい。そこを手折りして、カゴにいれていく。八女伝統本玉露は、玉露部門の全国品評会で16年連続で入賞している、いわば絶対王者だ。ベスト10を見ると、1位を含め8つは八女で、八女は圧倒的に強い。

茶畑イメージ
茶葉の先端イメージ

福岡県にはまだまだおいしいものがいっぱい!ぜひチェックしてください。

黄金の福ワンタン まくり まくりのジャージャー麺 4人前入りイメージ

黄金の福ワンタン まくり

まくりのジャージャー麺 4人前入り

2,408円(税別)
ご購入はこちら
向野製氷 氷屋さんのアイスキャンデー 4種詰合せイメージ

向野製氷

氷屋さんのアイスキャンデー 4種詰合せ

2,800円(税別)
ご購入はこちら

須賀洋介(すがようすけ)●1976年名古屋生まれ。
21歳の時、巨匠ジョエル・ロブションと出会い、以後16年間、氏の元で腕を振るう。
東京、ラスベガス、ニューヨーク、台湾、パリで新店舗立上げから総料理長を務める。
2014年に独立のため帰国し「SUGALABOInc.」を設立、翌2015年東京・神谷町にラボラトリーを開設。

婦人画報8月号では、「第十回 福岡の旅」を掲載しています。福岡のSUGA TA VIEは、本誌をご覧ください。
【バックナンバー】
「第一回 山形の旅」「第二回 青森の旅」「第三回 長崎の旅」「第四回 鳥取の旅」「第五回 秋田の旅」
「第六回 愛媛の旅」「第七回 和歌山の旅」「第八回 大分の旅」「第九回 富山の旅」

冷たい八女はなひめトマトと本玉露のジュレイメージ

婦人画報8月号では、
第10回の福岡の旅を掲載しています。
八女を取材したSUGA TA VIEは、
本誌をご覧ください。
「冷たい八女はなひめトマトと
本玉露のジュレ」はレシピ付き!
ぜひ誌面で!!

以前、京都の料亭主人に「茶だし」という、お吸い物の作り方を聞いたことがある。
上質な茶葉の持つ旨みは、料理に使えるのだ。そこで、八女伝統本玉露をゼリーにし、八女産のこぶりなトマトと合わせ、冷菜にしてみた。