山ぶどう籠バッグ特集 | グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のおかいもの】

2018おせち大好評発売中!ご予約はお早めに!
山ぶどう籠バッグ

柔らかさと堅牢性が同居した、美しい佇まい

職人イメージ

和洋の装いになじむ、国産の自然な風合い。
通年使えるのがいい

直径7〜10センチはあり、まるで幹のような山ぶどう蔓。その外皮をひも状に切り揃え、手編みで作り上げるのが、ご紹介する「山ぶどう籠バッグ」です。山形県米沢市「つる工房鷹山」の籠バッグの質の高さは特に有名で、じつは、ファッションにこだわる多くの著名人を顧客にもっています。工房の主は戸田寒風さん。地元の木々に詳しく、人脈があり、手先の器用さが群を抜く職人です。
国産籠バッグの美しさは、なんといってもその色合いにあります。初めは写真のように柔らかな色ですが、だんだんと色が濃くなり、十数年後にはこげ茶色に。水に強い素材で頑丈に編まれているため、工房に修理をお願いしつつ大切にすれば、親子3代にわたり使うことができるといわれています。お手入れは、たわしでこすり、表面の汚れや毛羽立ちをとる程度で十分。

つる工房鷹山
280,000円(税別) 送料無料
お気に入りに追加
Art+stellas 器物家
161,800円(税別) 送料無料
お気に入りに追加
つる工房鷹山(ようざん)
75,000円(税別) 送料無料
お気に入りに追加