つるつるもちもちの皮と肉汁たっぷりの具。お気にいりの水餃子

Y.TAKAMURA
2021/09/04
つるつるもちもちの皮と肉汁たっぷりの具。お気にいりの水餃子
今年の春、京都に出張の機会があり、四条にある「楽仙楼(らくせんろう)」さんにお邪魔しました。先行して発売していた黒酢麺と担々麺の4食セットが人気でしたが、お店の一番の人気商品は「水餃子」とのうわさ。断然焼き餃子派なのですが、なんとなく食いしん坊センサーが反応してしまったのです。

中国北部、ハルビン出身のおかあさん達が作るこだわりの水餃子の最大のポイントは、何と言っても「皮」。
いちいち測ることなく、慣れた手つきで一つ9gずつにちぎられていきます。それをひとつひとつ丁寧に伸ばし、手際よく餡を詰めて、、、これぞまさに、熟練の技。(衛生に十分配慮し特別に撮影しています。)

いただいたのは一番人気の「水餃子」と「セロリ入り水餃子」。つるんと喉越しが良く、もちもちした食感を楽しんだあとにじゅわーっと広がる肉汁、そして野菜のうまみ。普段焼き餃子ばかり贔屓にしていたことを反省するほどのおいしさでした。素材の旨みを引き立たせるためににんにくは使用していないので、ランチタイムに召し上がっていく方も多いのだとか。

​個人的には、「セロリ入り餃子」が大ヒット!普段セロリがあまり得意ではないのですが、特有の香りも豚肉と混ざることによって緩和し、シャキシャキとした食感とすっきりした後味が病みつきになりました。

出張から戻ってすぐバイヤーチームにうちでもやりたいです!とお願いして試食会も無事合格し、この秋から販売開始。
熱々茹で立てをハフハフしながらいただいたり、お鍋に入れたりと、これからの時期におすすめです!