飲み物・お酒

濃厚!贅沢にいただく果汁100%のマンゴージュース

M.KIDO
2021/07/30
濃厚!贅沢にいただく果汁100%のマンゴージュース
外に出るとジリジリと暑く、本格的な夏がやってきましたね!
今日ご紹介するのは、そんな夏にピッタリなマンゴージュースです。

日本橋 千疋屋総本店 果汁100%ジュース アルフォンソマンゴー1L


こちらが、キングオブマンゴーとして名高いアルフォンソマンゴーを、贅沢に100%使用した千疋屋のマンゴージュース。
千疋屋で、果物ではなくジュースをいただくのは初めてです…!

見た目にも重厚感がありますが、実際に持つと非常にずっしりとしています。
傾けると、中のジュースがとろりとしているのが目に見えて、
濃厚な味わいを楽しみにいざ開封。

※なお、こちらのジュース、ビール瓶のような構造の蓋になっているため、
開ける際は栓抜きをお忘れなきよう!






注いでみるだけで、ジュースというよりもはや高級なフルーツソースのような、
とろりとした感じが伝わります。

ひと口飲むと、口いっぱいに広がるアルフォンソマンゴーの豊かな香りと、濃厚で満足感のある味わい!
旨みをぎゅっと100%濃縮したジュースですが、飲んだあとは爽やかな甘みが広がります。

「果汁100%」というと、サラッとしたのど越しのものも多いですが、
こちらのジュースはまるでミキサーでかけたばかりのような、なめらかな感触がしました。

そのままジュースとして飲むだけではなく、
濃厚さを活かしてヨーグルトやかき氷のソースに、プリンなどのデザートやお菓子作りにもおすすめです!

暑くてバテがちな夏に、元気になれること間違いなしのひと品です。

グルメ

夏鍋、私の「推し」ベスト3

2021/07/28
夏鍋、私の「推し」ベスト3
今年の夏も、暑い(そして熱い!?)ですね。
気温が上がると、どうしても冷たいものを食べたくなってしまい、冷麺や冷やし中華、かき氷やアイスなどに心を奪われがち。
でも! そんな時こそおすすめしたいのが、夏鍋です。
「夏に鍋って、冗談でしょ?」なんて言わないでください!
疲れやすく食欲がふるわないときに、野菜や肉、魚をバランスよく食べられる鍋は、むしろ救世主!?
というわけで、「夏鍋」におすすめのアイテムをピックアップしました。

もう、絶対おいしくて泣いちゃう! 
じき宮ざわの「養生鍋」


季節ごとに、旬の食材を使った極上絶品の鍋を紹介してくださる「じき宮ざわ」。
今年の夏は、天然の鱧と鮑が入った、贅沢な、そして涙が出るほどおいしい養生鍋をご用意くださいました。
京都の夏といえば、鱧。
なかなか旅行もできない今、今日の夏に思いを馳せつついただく鱧と京野菜の鍋は、夏の暑さをエネルギーに変えてくれます。
やさしく心にも体にも栄養がしみわたる鍋です。
 
 
暑さをホットに吹き飛ばす!
Z’s MENUの「ソウルで食べたスンドゥブ」


暑いと、辛いものが食べたくなるのは私だけでしょうか?
いや、そんなことはないはず。
こちらのスンドゥブの素、真っ赤な色で見た目には辛そうなのですが、辛みよりも旨みがすごいのです!
あさりと豚肉の味が凝縮されたところに、韓国の本場もののコチュジャンの奥深い旨みが加わって、絶対自分では作れないおいしさ。
豆腐や野菜を加えて、ニラをのっけたら、あっという間に韓国の味が完成!
〆は、ごはんもいいけど私的には中華麺がおすすめ。
麺を絡めたところにごま油をチラッといれて、好みで卵を落としたら、パワー全開です!
 
 
穏やかな味に癒される!
佐嘉平川屋の「温泉湯豆腐セット」


もう何にも食べたくない(ということはほぼないけれど)、というくらい疲れた時には、やさしいお豆腐に癒されましょう。
こちらは、九州・嬉野温泉の名物料理、温泉湯豆腐のセットです。
温泉と同じ質の「調理水」が同梱されているので、それと白だしを使って炊くわけなのですが、そうすると豆腐の表面がとろとろに。
まろやかな味になった豆腐をすくいながら食べた後は、豆乳のようになったスープに野菜をたっぷり入れて、最後はやっぱりおかゆ。
体にすーっと入ってくる豆腐に、じわじわと元気が回復すること間違いなし。
 
暑いときこそ、体を労る温かいものを。この夏はぜひ、「夏鍋」をお試しくださいね!

>>婦人画報のお取り寄せで「鍋」をチェック!
 
 
 
 

スイーツ

大人気PAYSAGEから、夏のフレーバーが登場

U.OKUNI
2021/07/26
大人気PAYSAGEから、夏のフレーバーが登場
皆様、お待たせいたしました。
PAYSAGE(ペイサージュ)の夏のクッキー缶がついに登場です!

その名も「サブレ エテ 4種」。


パティシエの江藤英樹さんが「食べた瞬間にほっとするような、そしてまた食べたいと思ってもらえるような印象的な味を作りたい」と思いをこめて丁寧に作られたというサブレが、かわいい缶にぎっしり。


ちょっと仕事疲れたな、とか。
今日はあんまりうまくいかなかったな、とか。
そういう時には、いつもPAYSAGEのクッキー缶に手が伸びてしまいます。

PAYSAGEのサブレには人を幸せな気持ちにしてくれる特別な魔法がかかっているのかと思うくらい(笑)、
不思議とちょっぴりメンタルが回復するんですよね。

そんなPAYSAGEから待望の夏限定缶!そんなの、お取り寄せしない手はありません・・・。



今回の夏のフレーバーは、ヴァニーユ、レモンティー、ココパイン、ピスターシュの4種類。
4種類それぞれ厚みも違い、食感もさまざまなので飽きずに最後までお楽しみ頂けます。

王道のヴァニーユは甘みと塩気のバランスが絶妙で、コーヒーや紅茶に本当によく合いますし、
レモンティーは茶葉の豊かな香りが感じられるのに軽い食感で、何枚でも食べられます。

ココパインはまさに夏!しっかり厚みがあって食べ応えがあり美味しいですし、
そしてピスターシュ・・・もう、ピスタチオ好きの皆様には何も言うことはありません・・・とにかく食べてください・・・(笑)


PAYSAGEを語り出すととにかく鼻息荒くなってしまうのでこのへんで・・・
大切な方へのギフトや、もちろんご自宅用でお取り寄せされるのもオススメです。

そして、PAYSAGEのパッケージと言えば。
幸せを運んでくれると言われているてんとう虫、今回の夏缶でも発見しましたよ!


ぜひ探してみてくださいね。

スイーツ

もぎたてフレッシュ!夏野菜のお取り寄せ

M. SATO
2021/07/24
もぎたてフレッシュ!夏野菜のお取り寄せ
毎日本当に暑い日が続いていますが、
夏バテ防止に、私がこれから取り寄せようと思っている、
夏季限定の野菜のお取り寄せを今日はご紹介します!


[かいぶつ農園]信州産生でも食べられるミラクルスイートコーン



長野県上田市真田町にある農園から届くとうもろこしは「ミラクルスイートコーン」という名の通り、
糖度が18~20度でまるでフルーツのような甘さがある品種です。
届きたてはぜひ生で楽しみたいですし、ゆでたり、スープにしたり、
土鍋にどーんと乗せたとうもろこしご飯も楽しもうと思っています!


[中出農園]泉州水なす 10個入り



大阪の泉州地方でご兄弟で手掛けられている水なすは、
皮が薄く水分量が多く、朝収穫したものをその日のうちに発送しているので、
届いたらこちらも生で食べられるほど新鮮!




もちろん油とも相性がよいので、揚げ出しや麻婆なす、カレーなどもGood.
こちらにはおすすめレシピも載っていますよ。




美味しい野菜があれば、簡単な調理でも家族のウケが良いので助かります(笑)

ぜひフレッシュな夏野菜のパワーで、元気に夏を乗り切りましょう~♪

スイーツ

発芽玄米を贅沢に使った新感覚スイーツ

K.HARADA
2021/07/19
発芽玄米を贅沢に使った新感覚スイーツ
暑さも本格的になり、すでに夏バテ気味になっている原田です。
今回はそんなときでもおいしく食べることができる「食べる甘酒」をご紹介いたします。
 


友達が発酵食品について色々と勉強しており、私もその影響から、昨年はぬか漬けをつけてみたり、
塩麴を作ってみたりと着実に発酵食品の魅力に引き込まれているのですが、
その中でも気になる存在なのが、甘酒です。

甘酒は飲む点滴と言われる程、栄養価が高く、健康と美容の救世主的な存在で最近注目されている発酵食品。
そんなこと聞いたら飲まずにはいられませんよね(笑)
そして、こちらはそんな甘酒を、なんと、ジュレでコーティングしたスイーツなのです!
 
造っているのは、熊本で1887(明治20)年から、麹や味噌を手造りし続けている原田食品製造所。
九州でも数少なくなった伝統の製法を守り続ける麹屋です。

創業以来の古式麹蓋を使った手麹を受け継ぎ、「皆様に愛され続ける麹製品を食卓の架け橋に」という思いのもと、麹はもちろん、味噌、もろみ、甘酒など麹加工品を販売しています。
 
代々続く室や古式諸蓋には、歴史と共に良質な酵母や麹菌が棲みつき、優れた麹を安定して作るために
なくてはならない大切な存在。24時間体制で確認作業を行うこともあるといいます。
 
こだわりの製法で、農薬・化学肥料不使用で米作りを行う地元・熊本の契約農家の玄米を使用し、
砂糖を一切使わず、米麹本来の甘さを引き出された甘酒を、お客様にもっと楽しんでいただけるよう
開発されたのが、発芽玄米のぷちぷち食感を生かし、ゼリーにした「食べる甘酒」です!
 



スプーンを入れると結構しっかりとした弾力があります。
器に移して、さっそくいただきます!


 
「やさしい~。」と、つい心の声が出てしまいました(笑)
発芽玄米が残っているので、お米の甘さをそのまま味わっているようです。
 
もちもち、ぷちぷちの食感もおもしろく、すっと溶けていくひんやりとしたジュレが
夏の暑さを和らげてくれます。ノンアルコールで、合成保存料等不使用なので、
お子様からご年配の方まで幅広く楽しんでいただけます。
 

 
そのまま冷やして食べるのもおいしいですが、ヨーグルトに入れたり、
レモンを絞ってさっぱりといただくのもおすすめで、
色々なアレンジで毎日食べ続けられる新感覚スイーツです。
 
この夏は、食べる甘酒で発酵食品デビューしてみませんか。
 

和菓子

夏の風物詩と言えば

W. SAKAI
2021/07/14
夏の風物詩と言えば
夏の風物詩と言えば、、、盆踊りにすいか、ひまわり、風鈴などいろいろ思い浮かびますが、何と言っても一番はやっぱり花火。
昔は、ちゃんと浴衣を着て、浴衣に合わせた草履をはき、ペディキュアもして、いそいそと花火大会にでかけていったものですが、 いつしか家の窓からひっそり楽しむ派に。(笑)

最近はコロナ禍ということもあり花火大会も中止になっていて、「THE 夏」というものを感じることができず、少しさみしい気もしています。 そんなとき、みなさんにちょっとご紹介したい和菓子を見つけました。

大阪市東鴻池町にある『五條堂』のその名も「鴻池花火」。
2代目の娘さんが手掛けたこちらの和菓子、もともとは鴻池町に花火大会がないから名付けられたという、なんとも粋なスイーツです。



鴻池の夜空に輝く、色とりどりの花火をイメージして作られたフルーツ大福は、カットすると納得。
本当にぱっと花火が咲いたかのような華やかさ。(もっと上手く切りたかった―!)

ブルーベリー、オレンジ、バナナ、フランボワーズ、パイナップルの5種類のフレッシュなフルーツが、生クリームとこしあん、滋賀県産羽二重餅で丁寧に包まれています。
最近、フルーツ大福をあちらこちらで見かけますが、こんなにたくさんのしかも色あざやかなフルーツをたっぷり包んだ大福は見たことありません。

味は想像どおり(超える?)のおいしさ。
ジューシーなフルーツと生クリーム、こしあんが相まって、まさに口の中で花火が咲いているかのよう(笑)
それぞれのフルーツの甘み、酸味、深みが順番にやってきて、それが見事に調和しています。
冷凍で届きますが、半解凍くらいの方がきれいにカットもできて、フルーツもひんやりとしておすすめです。



夏を感じる、大福らしからぬパッケージもおしゃれで、贈り物にも喜ばれそうですね。
蒸し暑い日の夜に、空を見上げながら縁側で食べてみたい、、、傍らには冷えた麦茶も置いて。(縁側に強い憧れあり!)

ちなみに、同じ五條堂さんだと、こちらの羊羹もおすすめ。



白あんの羊羹に、いちじく、アンズ、クランベリー、さらにクルミ、ピスタチオ、カシューナッツを練りこんだ、ネオ羊羹です。
緑茶はもちろん、紅茶や白ワインに合わせるとまた違ったデザートに。
こちらのパッケージも、小さなグラスのような、ちょっとめずらしいデザインです。

今年の夏もまだまだ思いきりお出かけ!とはいかなそうですが、、、おうちで夏を感じるスイーツをお取り寄せしてみるのもいいですね。

スイーツ

「CHAVATY」のスコーンで優雅なひとときを

F.TAKAGAWA
2021/07/09
「CHAVATY」のスコーンで優雅なひとときを
いきなりですが、プロフィールにもある通り、私はカフェ巡りが大好きです。以前は毎週必ずどこかのカフェに行き、最新スイーツからレトロ喫茶まであらゆるカフェを制覇していました。

しかしコロナ禍によってこの趣味・カフェ巡りも自粛する期間が長いこと続いています。
はあ、カフェに行きたい……。カフェカフェカフェ……。
そんな気持ちがずっと脳内を駆け巡っていました。

このモヤモヤを打破したのが、「CHAVATY」の夏のスコーンセットです。


「CHAVATY」は表参道や京都・嵐山で人気のティーラテ専門店です。お店ではウバや抹茶、ほうじ茶のティーラテやソフトクリームが大人気です! カフェ好きかつお茶好きの私にとっては至福のお店で、コロナ前は何度も通っていました。

婦人画報のお取り寄せでは、「CHAVATY」オリジナルプレーンと、季節限定のフレーバー計5種の「夏のスコーンセット」が購入できます。トースターかオーブンで温めるだけで、本格的なスコーンが完成。スコーンは一個一個がずっしりとして、食べ応えも抜群です。素材を感じられるオリジナルプレーンはCHAVATYのお店のように、ホイップバターやハニーナッツと合わせていただくと、さらなるカフェ気分が味わえます♪

5種類のフレーバーの中でも私のお気に入りは「ビーツとミントグレープフルーツ」「ローズとライチ」です。

手前左:ローズとライチ、右:ビーツとミントグレープフルーツ、奥左:マンゴーチーズクリーム、右:オリジナルプレーン

「ビーツとミントグレープフルーツ」はビーツのアクセントが効いた、夏らしい爽やかな味わいが広がります。「ローズとライチ」は後味にふんわりとローズが香る、ケーキのようなリッチ感が特徴です。この「夏のスコーンセット」のおかげで、私のカフェ欲は無事鎮まることができました。笑

こちらは名前の通り、”夏”のスコーンセットになります。購入期間は7月23日(金)までなのでご注意を。秋には”秋”のスコーンセットが登場予定です。気になる方はそちらもチェックしてみてください。

みなさんも贅沢なアフタヌーンティーをおうちで楽しんでみてはいかが。

グルメ

とにかく毎日韓国グルメをいただいています。

Y.TAKAMURA
2021/07/05
とにかく毎日韓国グルメをいただいています。
以前のブログでも書きましたが、第二次韓流ブームの波に全力で乗ったのは10年前。
時を経て大波が来ています。大きすぎて、全てのみ込んでしまうようなBIG WAVEが・・・。2か月ほど前にネットニュースで「BTSの新曲MVの再生回数が初日で1億回を超えた」という記事を読んで「どれどれ・・・」なんて興味本位でyoutubeを再生した事がきっかけでした。昨年のDynamite旋風も横目で見ていたし、むしろデビュー時は「防弾?チョッキ?(笑)」と笑っていた事を猛省・・・!心からごめんなさいBTSとARMY!
プライベートも惜しげなくコンテンツで見せてくれるBTS、最高にかっこいいMVやDancePractice動画も大好きですが、メンバーの食べているシーンが大好き。そして10年前もそうだったのですが、見過ぎてこちらまで毎日韓国料理が食べたくなる、という不思議な現象が起きるのです。
 
前置きがだいぶ長くなってしまったのですが(というか永遠に語れます)、今日は手軽に味わえる、お気に入りの韓国グルメをご紹介します。
 
まずは韓国のおにぎり的存在、「キンパ」。韓国風海苔巻きです。手軽にいただけるので忙しい平日ランチや子どものお弁当などに大活躍なのですが、海苔巻きって作ると面倒じゃないですか?おすすめは、「カラミノフーズ 牛肉入ナムルキンパ 3本入り 3,240円」です。

レンジで温めるだけで本格的な味わいを楽しめる、嬉しい一品。胡麻油と塩で味つけしたご飯の中に、牛焼き肉ともやし、小松菜、大根の3種のナムルをたっぷりと巻き込んでいるので満足感が高いです。ご飯に染み込んだ甘辛い牛肉とシャキシャキと歯応えのいいナムルの相性も◎。化学調味料などの添加物を使わず良質な素材にこだわって作っているところもおすすめポイント。冷凍庫にずっと居てほしいです。
 
続いては、体調を崩しやすいこの時期だからこそ食べたい、参鶏湯。大好きなグランドフードホール「煮込みサムゲタン 2袋入り1,684円。」

名古屋コーチンの鶏ガラからしっかり旨味を抽出した出汁をベースに、鶏モモ肉、鶏手羽元、なつめ、もち米、クコの実、高麗人参、松の実をしっかりと長時間煮込んで作られているこだわりの一品です。グラホの商品も言わずもがな、安心安全のお墨付き。参鶏湯も作るのが面倒な料理のひとつですよね。こちらも湯煎で解凍するだけという手軽さで、本格的な味わいを楽しめる一品です。
 
続いてもグランドフードホールオリジナルの「チャプチェ 2袋入り1,468円」

韓国の方って、日本人以上に麺類を食べる印象があります。(愛しのBTSはとにかくジャージャー麺をよく食べています。)チャプチェに使う春雨は、日本でよくみる細麺タイプではなく中太麺の事が多いです。こちらのチャプチェは、モチモチ食感の韓国春雨に牛肉や野菜などを炒め和えた、定番の韓国料理の味を再現。食欲をそそるごま油の香りがたまりません。こちらも湯煎で解凍すればあっという間に完成です。
 
・・・なんて書いていたら、ますます韓国に行って本場の韓国料理が食べたくなってしまいました!最後に渡韓したのはもう5~6年前。icloudのアルバムを見返していたら10年前に史上最高においしいと思った、ソウルのサムギョプサル屋さんの写真が出てきました。

サムギョプサル、ポッサム、ヤンニョムチキンぐらいは自宅で「風」を作れそうな気がしているので、調味料を買いそろえて週末に試してみる予定。旅行に行ける日が来るまで、自宅で思う存分韓国グルメを楽しみたいと思います!