婦人画報のお買い物

グルメ・スイーツ・ギフトのお取り寄せサイト

今年も登場!人気商品詰合せ“口福ボックス2017”

婦人画報のおかいものTOP  >  菊地保寿堂 和鉄ティーポット

菊地保寿堂鉄瓶のティーポット

秋も深まり、暖かいお茶を頂く機会が多くなってきました。
ゆったりとしたティータイムを楽しむ鉄瓶のティーポットは如何でしょか。
今や、パリやNYのいわゆる、サロンドテ(ティールーム)ではこの日本製の鉄瓶が主流。ラグジュアリーホテルの朝食や、ティータイムで、マダム達が、鉄瓶でお茶を楽しんでいる風景をよく見かけます。 ちょっと、優雅な気持ちで、ティータイムを。
勿論、紅茶にも、日本茶にもお使いいただけます。
本商品についてのスタッフブログはこちら

菊地保寿堂 和鉄ティーポット

菊地保寿堂 和鉄ティーポット商品画像

「菊地保寿堂」の和鉄ティーポットは、鉄を薄く堅く均一に仕上げる技術に秀でて保湿性が高いため、茶を淹れると茶の渋みと甘みがバランスよく抽出されます。

和鉄ティーポット「まゆ」(黒)+瓶敷

ご購入はこちら

15,800円(税別)

和鉄ティーポット「ふく」(濃茶)+瓶敷

完売しました

10,100円(税別)

【まゆ】
サイズ(約):ティーポット=高さ10cm(つる除く)・満水容量550ml、
瓶敷=幅11×奥行11×高さ2cm
【ふく】
サイズ(約):ティーポット=高さ6.5cm(つる除く)・満水容量420ml、
瓶敷=幅11×奥行11×高さ2cm

材質:鋳鉄(内側=鋳物ホーロー)/付属品:茶こし/日本製
各限定30セット

機能性と美しいフォルムを兼ね備えた日常使いの美

この菊地保寿堂の和鉄ティーポットの特徴は、一切無駄のない、美しいフォルムでありながら注ぎ口の切れのよさ、保温性といった機能性も備えているところです。 表面の艶やかな漆黒色は、火に強く、サビにくい材料を使用して彩色。内側の鋳物ホーローは、じっくりと釜焼きすることで耐久性を高め、お茶の甘みと渋みが好ましいバランスで抽出されるように設計されています。

まさに、400年の歴史をもつ、菊地保寿堂の熟練の手作業の技が光る、日本が誇るよきものなのです。

和鉄ティーポット画像1
和鉄ティーポット画像2
和鉄ティーポット画像3

慶長9年(1604年)創業の菊地保寿堂は、960年前に発祥したとされている山形鋳物の老舗。
その技は、現在15代目の正直氏へと受け継がれています。

菊地保寿堂 鉄瓶イメージ

2008年の「メゾン・エ・オブジェ」(パリで開催される、欧州最大級のインテリア・デザイン見本市)に出品された菊地保寿堂の和鉄ティーポットは、その後、世界のバイヤーから高い評価を得て、フランス料理の世界大会の道具にも選ばれています。フランスからの注文で年内は無理と言われたほどの人気の鉄瓶を、今回の取材を機に、特別に数量限定で作っていただきました。

今話題のフランス料理店「SUGALABO」の須賀洋介シェフが、日本各地を旅して、地方に埋もれた食材や逸品を紹介する企画「SUGATAVIE(スガタビ)」にて、山形の菊地保寿堂さんを訪れました。

菊地保寿堂 店舗画像

山形市内の店舗

菊地保寿堂 訪問

和鉄ティーポットの製作工程。右は工房を訪れたSUGALABOシェフ須賀さんの質問に答える菊地さん。

パリで人気の「菊地保寿堂」和鉄ティーポットの購入はこちらから

各限定30セット

菊地保寿堂 和鉄ティーポット「まゆ」(黒)+瓶敷イメージ

菊地保寿堂

和鉄ティーポット「まゆ」(黒)+瓶敷

菊地保寿堂 和鉄ティーポット「まゆ」(黒)+瓶敷商品画像
15,800円(税別)
ご購入はこちら

薄く堅く均一に仕上げる技術に秀でて保湿性が高いため、茶を淹れると茶の渋みと甘みがバランスよく抽出されます。