グルメ

婦人画報オリジナルカレーフレーク 作ってみましたPART2

W. SAKAI
2017/07/06
婦人画報オリジナルカレーフレーク 作ってみましたPART2

その後、みなさんカレーフレークはお試しいただけましたでしょうか。
スタッフレポートPART1に引き続き、今回はPART2をお届けします。



スタッフN.K(黒いカレーフレーク使用)

カレーライス カレーライス


結構スパイシーでコクがありました。フレークなのでアレンジしやすかった。黒いカレーも迫力あり!
2人分なのでカレーフレーク1袋、手持ちのストゥブオーバル17㎝でちょうどいい量でした。
レシピ通りに作ったので、野菜はローストしたものをトッピング。
しっかりスパイシーなので、野菜の甘みとマッチします。

フレーク状なので、いつものおかずが手軽にカレー風味に。(以下3種類ご紹介!)

ベイクドポテト カレー&ゴルゴンゾーラ ベイクドポテト カレー&ゴルゴンゾーラ


朝食定番のベイクドポテトも、カレーソースとゴルゴンゾーラの相性ばっちり。

ちくわカレー&ちくわカレーチーズ 山椒粉かけ ちくわカレー&ちくわカレーチーズ 山椒粉かけ


ちくわにツナ缶とカレーフレークとマヨネーズを混ぜたものを乗せて。
トースターで焼くだけ簡単。付属の山椒パウダーをかけると、上品おつまみに!
チーズを乗せるとまろやかで、こちらはお弁当のおかずにも。


ひじき大豆のカレー風味 ひじき大豆のカレー風味



定番のひじき煮にもカレーフレーク投入!エノキを入れるのがポイント。

山椒パウダーを振って、風味も格上げです。

 


スタッフW.S(赤いカレーフレーク使用)

夏野菜の揚げ浸し カレー風味 夏野菜の揚げ浸し カレー風味


出汁のきいた揚げ浸しにカレー味が合わさって、とてもおいしい!
食欲のない夏にもおすすめです。
揚げ浸しの出汁に、最後にカレーフレークを加えるだけという手軽さがいいです。

カレーうどん カレーうどん


定番のカレーうどんも簡単!
お肉と玉ねぎをいためて、出汁で煮込んだら最後にカレーフレークをぱらりと。
白髪ネギとカリカリ揚げをのせたら、まるでお店のようなカレーうどんになりました。
赤いフレークだと少しスパイシーなので、うどんには黄色いカレーフレークがおすすめ。

 

味わいはもちろんのこと、フレーク状の使い勝手のよさは、使用したみんなが口をそろえて◎。
赤、黄色、黒と3種類、異なる味わいなので、それぞれに合ったレシピを見つけるのも楽しそうですね。

 





編集部のおきにいりの特集「婦人画報のカレーフレーク」はこちらから