婦人画報のおせち料理通販2020 | スイーツ・グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のお取り寄せ】

暑い日に食べたい、アイスクリーム
 
  

「婦人画報のおせち」2020年は9月に予約開始予定!
最新情報はメールマガジンでお知らせいたします。
>>メルマガ登録はこちらから

  

婦人画報のおせち

創刊114年の歴史を持つ雑誌『婦人画報』が、 その伝統と格式により厳選した新年を寿ぐにふさわしいおせち。
高級料亭のおせちはもちろん、毎年進化する婦人画報オリジナルのおせちも、1人前〜8人前までバリエーション豊かに取り揃えています。

お正月に食べることで長く日本人に親しまれてきたおせち料理。

おせちのルーツや起源はどこからか、歴史を紐解くことでみえてくるものがあります。
お重に少しずつたくさんのお料理が敷き詰められ、見た目だけでも華やかでおめでたい雰囲気ですが、実は伝統的な定番具材には一品ごとに縁起の良い意味が込められています。それぞれの意味を改めて知り、それを食すことで、家族や一緒に過ごす方との団欒がより一層楽しくなることでしょう。

おせちの由来と起源

婦人画報のおせちお一人様用和一段

おせちの起源は天皇家にあった?!

おせちの由来は、中国から伝わった五節供(ごせっく)の行事にあります。
奈良時代に朝廷の節会として行われ始め、そのときに天皇が召し上がる料理を節供と呼びました。「おせち」は節供料理の意味で、かつては五節供の料理のことを指しましたが、現在民間では正月料理の呼び名です。
現在私たちがいただくお節は、この天皇家のものが江戸時代に武家に伝わり、町人が発展させたものです。お重に詰める、山海珍味の今の姿は江戸中期以降に確立されたといわれています。

(『婦人画報』2008年1月号より抜粋)

おせち料理の意味・いわれ

おせち料理の素材や料理に込められた意味を知れば、ますますおせちを楽しめます。どのおせちにも入っている縁起のよい食材をご紹介します。

  • 渋皮栗甘露煮ときんとん
    渋皮栗甘露煮ときんとん
    かち栗は勝負運を、きんとんは金の団子を表す。財運を願って。
  • 黒豆
    黒豆
    新年も家族がみな、まめに働き健康に暮らせるようにと願う祝い肴。
  • 伊達巻
    伊達巻
    柚子の香りが上品な伊達巻。巻物を連想される卵料理で学問成就も。
  • 数の子
    数の子
    子宝や子孫繁栄を祈り食べられる、祝い肴三種のひとつ。
  • かまぼこ
    かまぼこ
    日の出に形が似た蒲鉾は祝い事にも欠かせません。紅は厄除けにも。
  • 昆布巻き
    昆布巻き
    「喜ぶ」に通じる昆布は、家族の幸せを願って用いられます。
  • 祝い海老
    祝い海老
    「ひげが長く伸び、腰が曲がっても元気な」不老長寿を願って。
  • 鮑の旨煮
    鮑の旨煮
    長くのして干物にしたことから、末永く続く幸福を表します。
  • いくら醤油漬
    いくら醤油漬
    子だくさん、子孫繁栄の象徴であるイクラ。
  • 金柑
    金柑
    金色の実を結ぶので、金運や商売運がよくなると言われています。
  • 鰤の西京焼き
    鰤の西京焼き
    成長とともに呼び名が変わる出世魚にあやかり、立身出世を願って。
  • 紅白なます
    紅白なます
    平安・平和を願う心を込め、お祝いの水引をかたどっています。
  • 田作り
    田作り
    昔は田畑の肥料に使われた片口いわし。豊作を願う、関東の祝い肴。
  • 蛸柔らか煮
    蛸柔らか煮
    「多幸」とも書く蛸。じっくり時間をかけて柔らかく仕上げました。

婦人画報のおせち2020

2020年の婦人画報のおせちは、お客様の声を反映して鋭意開発中!たとえば数の子は出汁をきかせて味付けを改良したり、人気のぶりの照り焼きをサイズアップするなど、一品一品見直しをしてよりおいしいおせちを皆さまにお届けします。

さらに大人数の家族向けや、お歳暮やお年賀の贈り物におすすめのおせちなど新作が登場予定!

2020年の「婦人画報のおせち」もご期待ください。

※画像は2019年のおせちです。

婦人画報のおせち 和三段重(大)
婦人画報のおせち プレミアム和一段
婦人画報のおせち 和・洋・中三段重「牡丹」
竹筒・杉折箱おせち
  • 旬なお得情報を好評配信中
  • 公式 facebook
  • 公式 twiter
  • 公式 instagram
  • 公式 LINE