婦人画報の母の日ギフト | グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のお取り寄せ】

婦人画報のお取り寄せ 決定版2019はこちら!

2019年の母の日特集は3月末スタート。
今年も母の日限定のスペシャルなギフトが登場予定。
お楽しみに!

2018年母の日ランキング

※2019年3月末再販予定。商品の内容は変更になる場合がございます。

2018年婦人画報の母の日ギフト
アンケート結果

「婦人画報のお取り寄せ」インターネット調査
2018年4月実施/回答数:1643件

今年の母の日は何を贈ろう?予算はどのくらいがいいの?と迷っている方は、昨年のアンケート結果を参考にしてみてください。

Q.母の日ギフトに何を贈る?

A.和菓子・スイーツが圧倒的に人気。お花も、一般的なカーネーションよりもお母様の好きなお花を選んで贈る方が増えているようです。

棒グラフ1

Q.母の日ギフトを贈る相手・予算は?

A.予算の平均が実の母向けは約6,220円、義理の母向けは約5,600円という結果に。

棒グラフ2

Q.母の日ギフトにもらって困った、という経験であてはまることがありますか?

A.好みに合わなかったという回答が1位でした。「婦人画報のお取り寄せ」でも、好みの分かる食べ物や、好みが分からなくても贈れるカタログギフトが人気です。

  • 1位好みに合わなかった34%
  • 2位賞味期限が短い、食べきれない量などの食品をもらって困った11%
  • 3位手づくりのものをいただいたが、扱いが難しく困った10%
  • 3位カーネーションなどの生花は置き場所や手入れが大変だった10%
  • 4位肌に合わない化粧品をもらって困った6%

母の日の歴史・豆知識

母の日はいつ?

母の日は毎年5月の第2日曜日。2019年の母の日は5月12日(日)です。ゴールデンウィークの10連休が明けた次の週末ですので、直前で慌てないように早めに準備をしておきましょう。

母の日の起源

お母様に「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝える「母の日」。アメリカでは20世紀初め頃にある女性が、母の追悼のためにカーネーションを捧げたことが始まりといわれ、これをきっかけにプレゼントとしてカーネーションを贈る文化が全米に広まり、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。日本でも戦後、アメリカから母の日の風習が伝わり、母への感謝の気持ちを表す日として定着しました。

母の日のトレンド

母の日のプレゼントは年々多様化しています。お母様の好みに合わせてお菓子やファッション小物を選んだり、一緒に食事に行くといった会話のきっかけになるような贈り物が人気です。またスイーツや雑貨、ディナー券などの体験ギフトから好きなものを選べるカタログギフトを母の日に贈る方が増えています。

母の日のバイヤーおすすめギフト

毎年贈る物が同じになってしまうマンネリを脱却するなら、話題のケーキやチョコレート、和菓子などのスイーツとお花と一緒に贈るのがおすすめ。「婦人画報のお取り寄せ」で人気のスイーツや雑貨をセットにした「口福ボックス」も、喜ばれたというお声をいただいています。

#婦人画報母の日

Instgaramで話題の母の日ギフト