お世話になった方にこだわりの贈り物を 婦人画報のお歳暮

末富(すえとみ)

京の風情を映し出すはんなりと美しい菓子
1893(明治26)年に創業し、125年の歴史をも京都の老舗菓子司「末富(すえとみ)」。伝統をふまえながらも、新しい京菓子を生み出しています。

ぜひお試しいただきたいのが、京菓子の美しさと遊び心を味わえる「京ふうせん」。小さな麩焼きを風船に見立て、平安時代の女官の装束の季節感を取り入れた「かさねの色目」表す淡い色合いの上品な京菓子です。
うすべにイメージ01
撮影=久保田康夫
包装紙の末富ブルー〞は、戦後まもなく「末富」の二代目・山口竹次郎さんが日本画家の池田遥邨氏に依頼したもので、「末富」を象徴するモダンで華やかなブルーの色合いが魅力。贈り物にも人気です。
うすべにイメージ02
四代目当主・山口祥二さんは、大学で教壇に立つほか、アラン・デュカス氏や「SUGALABO」の須賀洋介シェフとコラボレートするなど、和菓子の枠を越えて新たな試みを行っています。婦人画報のおかいものでは、新しく「野菜煎餅」がお取り寄せできるようになりました。今後も続々追加予定です。

末富
1,500円(税別)
お気に入りに追加
末富
1,800円(税別)
お気に入りに追加
末富
2,000円(税別)
お気に入りに追加
末富
1,500円(税別)
お気に入りに追加
末富
2,000円(税別)
お気に入りに追加
末富
2,500円(税別)
お気に入りに追加
末富
3,500円(税別)
お気に入りに追加
末富
1,500円(税別)
お気に入りに追加
末富
1,000円(税別)
お気に入りに追加
末富
1,000円(税別)
お気に入りに追加

完売もしくは欠品中です。

末富
1,800円(税別)
お気に入りに追加
  • 季節限定から定番特集まで! 「特集から探す」はこちら
  • 最新情報発信中! スタッフブログ