婦人画報のおせち2020 好評受付中!

マモン・エ・フィーユ

マモン・エ・フィーユ
「マモン・エ・フィーユ」…フランス語で“母と娘”。母が作るお菓子を食べて育ったパティシエが、パリでフランス菓子作りを学び、帰国後母と一緒に小さなブランドを立ち上げました。
京都で日曜だけオープンする焼き菓子店から始まったお店は、そのおいしさが評判となり、希少性もあいまって「幻のクッキー」と称されるほどに。2017年神戸に実店舗を構えてからは、ますますパティシエの手腕が光り、連日行列ができるほどの人気となっています。
選び抜かれた上質な素材に、技術や手間を惜しみなく注ぎ、丁寧に手づくりされた焼き菓子は、シンプルながら洗練された味わい、そして優しい温もりを感じます。大切な方に差し上げたくなる、そんなお菓子です。

◆メールマガジンで限定情報配信中!
発売と同時に完売してしまうクッキー缶や新商品入荷情報などはメールマガジンにてお知らせします。登録はこちらから!

>>ブランドについてもっと見る

完売いたしました

マモン・エ・フィーユ
5,000円(税別)
お気に入りに追加

販売期間前です。

マモン・エ・フィーユ
2,600円(税別)
お気に入りに追加

完売もしくは欠品中です。

マモン・エ・フィーユ
2,600円(税別)
お気に入りに追加

完売もしくは欠品中です。

マモン・エ・フィーユ
2,500円(税別)
お気に入りに追加

定番人気の「フレンチビスキュイ」は、なかなか手に入らない“幻のクッキー”。缶にぎっしりと詰めてお届けします。フランスのエスプリが効いたデザインの缶も、人気の秘密。贈り物にも映えるパッケージです。

イメージ

すべて手作業で、丁寧に焼き上げられます。きわめてシンプルな材料で作られるからこそ、素材の良さが際立つ「ビスキュイ」。ゆえに、素材も上質にこだわります。さくっと軽快な歯応えのあとに、発酵バターがふんわり香る一品。

イメージ

2017年、満を持して神戸・御影町にオープンしたショップ。スタイリッシュな店内には、味わい深いフランス菓子が並びます。遠方からも多くのファンが足を運ぶのだそう。連日行列ができるほどの人気ぶりです。

イメージ

「お菓子づくりのスピリットは母から学び、技術はパリから学んだ」というパティシエ・松下奈保さん。パリの「ル・コルドン・ブルー」本校をはじめ、13年在住したパリでフランス菓子作りを学びました。パティシエの手腕とセンスが光る焼き菓子は、ワンランク上の上質な味わいです。

イメージ
  • 旬なお得情報を好評配信中
  • 公式 facebook
  • 公式 twiter
  • 公式 instagram
  • 公式 LINE