婦人画報の父の日ギフト、始まりました!

ラ・サブレジエンヌ

ラ・サブレジエンヌ

15世紀、フランス・ロワール地方のサブレ(サブレ=シュル=サルト)という町に住んでいた伯爵夫人のレシピから生まれた「サブレ」。
「ラ・サブレジエンヌ」は、このサブレを最初に工業化したメーカーで、いまも変わらず夫人のレシピを基に、多くの素材をフランス西部で調達し、金属製の板を使った伝統的な製法で作り続けています。発酵バターを100%使ったサブレは、リッチな香りとサクッと軽やかな食感。そんな本場のサブレが直営店として2018年に日本初上陸。歴史ある本物の味をどうぞお試しください。

ラ・サブレジエンヌ
2,400円(税別)
お気に入りに追加
  • 季節限定から定番特集まで! 「特集から探す」はこちら
  • 最新情報発信中! スタッフブログ