婦人画報の夏ギフト、好評発売中

とらや

とらや
1925年の店頭イメージ 1925年正月の店頭

「とらや」は、室町時代後期に京都で創業し、後陽成天皇ご在位中(1586〜1611)に、御所御用を始めたお店です。江戸時代の作家で食通としても知られる井原西鶴の「諸艶大鑑」には、6月16日の京都島原での嘉祥喰い(厄除けで菓子を食べること)の場面で、「虎屋のやうかん」が出てきます。

厳選された「小豆、砂糖、寒天」で作るとらやの羊羹は「少し甘く、少し硬く、後味良く」が特徴。羊羹の煉り具合の見極めなど、要所では熟練した職人の目で確かめながらつくられています。艶のあるとらやの羊羹を口に運ぶと、静かに広がっていくずっしりとした甘み、しっかりとした弾力。そこには歴史の重みが感じられます。

  • 御用記録イメージ

    とらや最古の御用記録(1635年)。「やうかん」の文字が記されている。

  • 菓子見本帳イメージ

    とらや最古の菓子見本帳(1695年)。右から2番目に「白羊羹」の意匠が見える。

  • 小豆イメージ
  • 砂糖イメージ
  • 寒天イメージ

小豆は北海道産、砂糖は純度の高いものを厳選、寒天は長野・岐阜の寒空に晒された糸寒天を使用している。

とらや
3,000円(税別)
お気に入りに追加
とらや
5,000円(税別)
お気に入りに追加
  • 旬なお得情報を好評配信中
  • 公式 facebook
  • 公式 twiter
  • 公式 instagram
  • 公式 LINE