新商品が入荷しました!初夏のスイーツ特集

婦人画報のお取り寄せが厳選したお中元ギフト2019
涼を感じられる和菓子やスイーツにドリンク類、お肉や鰻などのお惣菜に旬のフルーツまで今年も豊富なラインアップを取り揃えました。

ドリンク
のおすすめ商品

夏ギフトの定番、ビールやジュース、アイスコーヒーは婦人画報らしいオシャレな逸品をセレクト!
(WEB 高村)

Y.TAKAMURA

ベアレン醸造所 ドイツDLG金賞ハムソーセージ3種・ビール2種4本セット(父の日カードなし)
0,000円[税別]

カタログギフト
雑貨のおすすめ商品

贈り先の好みや都合がわからない方や、食べ物以外でお探しの方におすすめ。カタログギフトや雑貨も多数揃っています!
(マーケティング 佐藤)

M.SATO

婦人画報×リンベル 竜田川(たつたがわ)
5,600円[税別]

お中元コラム

「お中元」の起源

「上元(1月15日)」、「中元(7月15日)」、「下元(10月15日)」の三元の日に、神様に供え物をして祝う習慣が中国から日本に伝わったことが由来とされています。
中元はお盆の時期と重なることから、先祖への供養とあわせて、恩師や親せき、知人など日ごろお世話になっている方へ、感謝の気持ちを込めて品物を贈るようになりました。

「お中元」を贈る時期

7月のはじめから15日ごろまでに贈るのが一般的。この時期を過ぎたら「暑中御見舞」、立秋(8月7日ごろ)を過ぎたら「残暑御見舞」として贈ります。ただし地域や家によっては8月に入ってから贈る場合もあります。一般的に言われている時期は以下の通りです。是非参考にしてみてください。

北海道
7月15日〜8月15日
東北・関東
7月 1日〜7月15日
東海
7月15日〜8月15日
北陸
7月 1日〜7月15日
関西・近畿・中国・四国
7月15日〜8月15日
九州
8月初旬〜8月15日

「お中元」のマナー

目上の方への感謝の気持ちを贈るのが一般的なので、その場合はお返しの品を贈る必要はありません。親戚、友人、同僚、などから頂いた場合は同程度の品物でお返しをしましょう。お返しを贈らない場合でも、最低限のマナーとしてお礼を伝えましょう。配送の場合であれば、受け取ったらすぐにお礼状を出すようにしてください。目上の方には手書きにすると尚良いでしょう。親しい間柄であれば、電話やメールでも構いません。

また、お中元やお歳暮は継続して贈るものなので、お中元を贈ったらお歳暮も贈るのが一般的です。年に一度にしたい場合は、お歳暮のみにしましょう。

贈る相手が喪中の場合でもお中元やお歳暮を贈っても問題ありません。ただ、忌中の場合は控えるのが望ましいでしょう。仏式では四十九日、神式では五十日を過ぎてから贈るのが無難です。

お中元におすすめの商品

先祖へのお供え物という意味をもっていたこともあり、主に贈るものは食べ物が中心。
夏らしさを感じられる桃やさくらんぼなどの旬のフルーツ、ゼリーやわらびもちなど清涼感のあるスイーツやスタミナが付く鰻やお肉が人気です。また、ドリンクではアイスコーヒーやサイダー、ビールなども人気があります。

「婦人画報のお取り寄せ」では夏ギフトについてのアンケートを実施しました。
結果はこちら!迷った時の参考にしてみてくださいね。

夏のギフトでもらってうれしいものは?
夏のギフトでもらいたいフルーツは?
「お中元」「お歳暮」ギフトで重視することは?
毎年おなじものを送っている?
  • 帰省のご挨拶にもぴったりの夏の手土産
  • 請求書発行も可能!法人のお客様へ

気になる商品は、
お気に入り登録がおすすめ

気になる商品をお気に入り登録しておけば、
後でまとめて見ることができます。ご活用ください!

カタログをお持ちのお客様は申し込み番号の入力だけで簡単に注文できます。

商品番号から探す

商品から探す