お年賀 | スイーツ・グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のお取り寄せ】

満足度95%以上!婦人画報のおせち
お年賀

婦人画報のお年賀は
2019年11月〜発売開始予定!
新年を彩る
めでたい商品が多数登場します。
お楽しみに!

お年賀とは?

新年の挨拶をするために、親戚や知人の家を訪れること。また、そのとき持参する手土産をさします。かつては大晦日には親戚同士が集まり、本家で年越しをしたものですが、やがて自宅で新年を迎えることが一般的に。そのため、分家の者が本家に挨拶回りをする習慣ができました。一時期は取引先や上司の家に年始回りをすることが一般的でしたが、最近は簡略化する傾向に。

お年賀のマナー

持参するお年賀の品には、紅白5本の蝶結びののし紙をかけ、表書きは「御年賀」に。その下に自分の名前を書きましょう。お年賀の品はなるべく直接挨拶に行って渡したほうがベター。喪中の際は事前に先方の了解を得た上で、松の内を外して「寒中」に訪問するのが良いでしょう。この場合の表書きはお年賀としないで「寒中見舞い」とします。

お歳暮とお年賀の違い、時期は?

お歳暮は本来、お正月の準備を始める12月13日から12月20日の間に贈るものでしたが、現在は12月初旬からクリスマス前後までに宅配便などで贈るのが一般的。一方、お年賀の品は1月2日〜7日の松の内のうちに持参します。お歳暮を贈ることができなかった相手にお年賀を渡すのもよいでしょう。年始の挨拶が難しい場合は1月8日以降に伺います。その際に渡す品は、表書きを「寒中御伺」としましょう。

正月にまつわる行事

〈12月13日 正月事始め〉

お正月を迎える準備を始める日。正月に飾る松を山から切り出す「松迎え」が行われる地域もあります。京都・祇園では、舞妓さんがお世話になった師匠のところへ挨拶回りをすることが知られています。煤払いが行われるのもこの時期。煤払いは単なる大掃除ではなく、年神を迎える神聖な行事。現在では、京都の東・西本願寺で毎年12月20日に行われる「お煤払い」などが有名です。

  • 旬なお得情報を好評配信中
  • 公式 facebook
  • 公式 twiter
  • 公式 instagram
  • 公式 LINE