新春ギフト | スイーツ・グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のお取り寄せ】

婦人画報のバレンタイン2020スタート!
新春ギフト

新年のご挨拶を
婦人画報の新春ギフトとともに

編集部おすすめの縁起の良いモチーフや干支モチーフのお菓子、
人気の和菓子、限定スイーツなどを取り揃えました。

ページのトップに戻る

新春ギフトランキング

縁起の良いモチーフのお年賀

“縁起が良い”と言われる由来とともにご紹介!

  • その1
    瓢箪
  • なかをくりぬき、酒や水の入れものとして使われてきた瓢箪。昔の人々は、その空洞に神が宿ると考えていました。また、3つで「三拍子(瓢子)」、6つで「無病(六瓢)息災」と、縁起かつぎの語呂合わせで、掛け軸や器にもあしらわれました。

六瓢息災(七福神カード付き)
3種 12個入り 1,920 円(税別)

縁起の良いネーミングと瓢箪の墨絵が書かれた化粧箱。
常温・個包装で日持ちもするのでお年賀にぴったり。

廣尾 瓢月堂 六瓢息災(七福神カード付き)3種 12個入り
  • その2
    干し柿
  • 正月の鏡餅に干し柿を添える地域があるなど、干し柿は縁起物。その由来は、幸を「かき」集めるの語呂、柿の木の寿命が長いことから長寿の象徴とされてきたからなど、諸説あります。また、冷蔵庫がない時代、正月に乾物が珍重されたことや、干し柿が貴重な甘味だったことから正月に食べる習慣ができたとも。干し柿には、抗酸化作用があり、粘膜を強くする働きがあるβ-カロテンが豊富に含まれます。先人の風邪予防の知恵でもあったかもしれません。

御菓子 つちや 宝賀来 6個入り
 2,530 円(税別)

御菓子 つちや 宝賀来 6個入り
  • その3
  • お節料理の黒豆は、語呂合わせで、「まめ」に暮らせますようにとの祈りが込められています。また、豆は邪気や病を払うと考えられてきました。節分に豆まきをするのはそのため。旧暦の正月は立春ごろ。もともと、豆まきはその前日、大晦日の行事でした。

豆源 豆千代 12種セット
 3,000 円(税別)

豆源 豆千代 12種セット
  • その4
    だるま
  • 中国の禅僧・達磨大師の修行する姿を模したといわれる、丸い形のだるま。かつて、養蚕が盛んな地でよく作られました。それは、糸を吐き始めるころの蚕を「上蔟(あがり)」と呼んだことと、だるまが「起き上がる」ことをかけ、質のよい生糸が取れるようにと願ったからだそう。現在では、左目に目を入れて商売繁盛などさまざまな願をかけ、成就したら右目に目を入れ、お焚き上げするのが一般。

御菓子司 最上屋 
民芸菓子 三角だるま 15個入り
 2,407 円(税別)

御菓子司 最上屋 民芸菓子 三角だるま 15個入り
  • その5
  • 鯛は古くから、縁起物として日本で珍重されてきた魚。邪を払うとされた赤い色をしていることや、「めでたい」との語呂もあり、お正月や慶事に欠かせない魚でした。

梅林堂 紅白満願成就 20個入り
 1,879 円(税別)

梅林堂	紅白満願成就 20個入り
  • その6
    (ねずみ)
    のモチーフ
  • 京都の老舗菓子司「末富」の縁起菓子。干支の「ね」のほか、縁起のよい文字などの焼き印が捺された小判形の麩焼き煎餅が5種類入った小箱です。中には開運吉兆のおみくじと、干支が描かれた紙製の絵馬が入っています。絵馬は藤原俊成ゆかりの新玉津島神社でご祈祷いただいたもの。お馴染みの「末富ブルー」の包装でお届けします。

末富 冨久袋 庚子 1,500 円(税別)

末富 冨久袋 庚子

豆菓子・干菓子

楽豆屋
3,000円(税別)
お気に入りに追加

一時欠品中もしくは完売です。

ビーンズナッツ
1,500円(税別)
お気に入りに追加
菓心おおすが
3,186円(税別)
お気に入りに追加
豆源
3,000円(税別)
お気に入りに追加
HIGASHIYA
2,100円(税別)
お気に入りに追加
先斗町駿河屋
2,015円(税別)
お気に入りに追加
京菓匠 甘春堂
2,700円(税別)
お気に入りに追加

あられ・せんべい

一時欠品中もしくは完売です。

一朶
3,300円(税別)
お気に入りに追加
菓游 茜庵
1,980円(税別)
お気に入りに追加
ひまわりびじん
2,000円(税別)
お気に入りに追加

一時欠品中もしくは完売です。

東あられ本鋪
2,200円(税別)
お気に入りに追加
武蔵野花凛
3,150円(税別)
お気に入りに追加
おいしい御進物逸品会
3,000円(税別)
お気に入りに追加
薄氷本舗 五郎丸屋
3,000円(税別)
お気に入りに追加

羊羹・最中・その他

とらや
3,000円(税別)
お気に入りに追加
御菓子所 高木
2,000円(税別)
お気に入りに追加
勉強堂
3,030円(税別)
お気に入りに追加
本家 長門屋
3,240円(税別)
お気に入りに追加
銘菓 起き上り本舗
2,480円(税別)
お気に入りに追加

一時欠品中もしくは完売です。

越乃雪本舗大和屋
2,950円(税別)
お気に入りに追加
梅月堂
2,000円(税別)
お気に入りに追加
間瀬
1,000円(税別)
お気に入りに追加

餅菓子

山方永寿堂
3,054円(税別)
お気に入りに追加
御福餅本家
1,390円(税別)
お気に入りに追加
京はやしや
1,800円(税別)
お気に入りに追加
京西陣 菓匠 宗禅
1,500円(税別)
お気に入りに追加

洋スイーツ

梅林堂
1,879円(税別)
お気に入りに追加
梅林堂
1,879円(税別)
お気に入りに追加
信州 里の菓工房
2,040円(税別)
お気に入りに追加
おかしとおくりもの bougiee
1,389円(税別)
お気に入りに追加

一時欠品中もしくは完売です。

テオムラタ
4,759円(税別)
お気に入りに追加

飲料他

富士山まる茂茶園
1,500円(税別)
お気に入りに追加
京西陣 菓匠 宗禅
1,000円(税別)
お気に入りに追加

一時欠品中もしくは完売です。

富士山まる茂茶園
1,320円(税別)
お気に入りに追加

一時欠品中もしくは完売です。

富士山まる茂茶園
2,600円(税別)
お気に入りに追加
やいづ善八
1,620円(税別)
お気に入りに追加
HANASAKA roots of kutani
2,200円(税別)
お気に入りに追加

お年賀とは?

新年の挨拶をするために、親戚や知人の家を訪れること。また、そのとき持参する手土産をさします。かつては大晦日には親戚同士が集まり、本家で年越しをしたものですが、やがて自宅で新年を迎えることが一般的に。そのため、分家の者が本家に挨拶回りをする習慣ができました。一時期は取引先や上司の家に年始回りをすることが一般的でしたが、最近は簡略化する傾向に。

お年賀のマナー

持参するお年賀の品には、紅白5本の蝶結びののし紙をかけ、表書きは「御年賀」に。その下に自分の名前を書きましょう。お年賀の品はなるべく直接挨拶に行って渡したほうがベター。喪中の際は事前に先方の了解を得た上で、松の内を外して「寒中」に訪問するのが良いでしょう。この場合の表書きはお年賀としないで「寒中見舞い」とします。

お歳暮とお年賀の違い、時期は?

お歳暮は本来、お正月の準備を始める12月13日から12月20日の間に贈るものでしたが、現在は12月初旬からクリスマス前後までに宅配便などで贈るのが一般的。一方、お年賀の品は1月2日〜7日の松の内のうちに持参します。お歳暮を贈ることができなかった相手にお年賀を渡すのもよいでしょう。年始の挨拶が難しい場合は1月8日以降に伺います。その際に渡す品は、表書きを「寒中御伺」としましょう。

正月にまつわる行事

〈12月13日 正月事始め〉

お正月を迎える準備を始める日。正月に飾る松を山から切り出す「松迎え」が行われる地域もあります。京都・祇園では、舞妓さんがお世話になった師匠のところへ挨拶回りをすることが知られています。煤払いが行われるのもこの時期。煤払いは単なる大掃除ではなく、年神を迎える神聖な行事。現在では、京都の東・西本願寺で毎年12月20日に行われる「お煤払い」などが有名です。

  • 旬なお得情報を好評配信中
  • 公式 facebook
  • 公式 twiter
  • 公式 instagram
  • 公式 LINE