お正月飾り縁起物 | グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のおかいもの】

婦人画報のおせち2019年予約開始!早期予約で送料無料キャンペーン実施中
お正月縁起物

■こちらもおすすめ

  • お正月お年賀特集
  • 冬のスウィーツ特集"
  • 抹茶を気軽に


嘉門工藝 お正月事始めイメージ

嘉門工藝

お正月事始め

16,000円(税別)
ご購入はこちら

高さ6センチと小ぶりながら、つくりは繊細で格式高く、毎年楽しみにしている収集家も多いこちら。「吉兆」は稚児たちが「駒犬」を持ったり、厄除招福の獅子頭を被ったりと、にぎやかな初春の様子を表現しています。門松の「竹」と「犬」の字を組み合わせ「笑」になることから、「笑いに溢れた年になるように」との願いも。心穏やかに新年を迎える準備ができそうです。

島田耕園人形工房 御所人形 「犬車曳き」イメージ

島田耕園人形工房

御所人形 「犬車曳き」

200,000円(税別)
ご購入はこちら

宮中で育まれた有職の世界をいまに受け継ぐ御所人形。1859(安政6)年創業の京都「島田耕園人形工房」から新年にふさわしいお正月飾りが届きました。あどけない稚児の姿をそのままに写した様子が魅力の「御所人形」。今回は戌年にちなんで犬車を曳く童子が登場します。艶やかに磨き上げられた胡粉地の白肌が美しい幼子。真紅の腹掛けには、鮮やかな金色で「福」の文字が描かれています。本金箔貼りの車台には亀甲柄の金襴(きんらん)が貼られ、車輪には「七種の宝」を意味する七宝柄。上には、親愛の表情を浮かべる愛らしい駒犬が乗っています。背には吉祥の象徴である松竹梅の模様。犬は昔から人々の暮らしに馴染み愛されてきただけではなく、多産なうえにお産が軽いことから、安産や子育てのお守りとしても親しまれてきました。童子が犬車を曳いて遊ぶ様子を表したこちらのお飾り、じつは童子が「幸せ」を曳いてくるというメッセージも込められています。いずれも本金箔に金泥など、有職の技法が凝らされていて、見栄えも華やか。新年を迎えるにふさわしい縁起物となっています。お子様の成長を願って贈るのもよし、ご自宅に飾って客人を迎えても。

嘉門工藝
24,000円(税別)
お気に入りに追加
嘉門工藝
12,000円(税別)
お気に入りに追加
嘉門工藝×玩具ロードワークス
3,000円(税別)
お気に入りに追加
嘉門工藝×玩具ロードワークス
3,000円(税別)
お気に入りに追加
嘉門工藝×玩具ロードワークス
3,000円(税別)
お気に入りに追加

完売もしくは欠品中です。

津軽びいどろ
25,000円(税別)
お気に入りに追加

完売もしくは欠品中です。

津軽びいどろ
5,000円(税別)
お気に入りに追加
源右衛門窯
20,000円(税別)
お気に入りに追加