七夕 | グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のおかいもの】

婦人画報のおせち2019予約受付 人気ランキング更新中!
七夕

日本ならではの
「節句」のならわしを知る連載、
2回目は「七夕」です。

-七夕-
7月7日は七夕の節句。
古くは乞巧奠(きっこうでん)と呼ばれ、
技芸上達を乞う風習と結びつき、
裁縫や字の上達を祈りました。

今回ご紹介するのは「七夕乞巧・星の座飾り」。
梶の葉が用いられているのは、古来和紙の代わりに葉に歌を書いて手向ける風儀があったため。
古来の知恵を踏まえ、一つ一つの意味を丁寧に有職飾りに託して再現しています。

安藤造花社×伊賀組紐×嘉門工藝 七夕乞巧・星の座飾りイメージ

安藤造花社×伊賀組紐×嘉門工藝

七夕乞巧・星の座飾り

安藤造花社×伊賀組紐×嘉門工藝 七夕乞巧・星の座飾り商品画像
16,000円(税別)
ご購入はこちら

七夕の節句は、古くは「乞巧奠」と呼ばれ、技芸上達を乞う風習と結びつき、裁縫や字の上達を祈りました。七夕飾りに梶の葉が用いられているのは、古来和紙の代わりに葉に歌を書いて手向ける風儀があったため。こちらは日本各地の技術力を結集し、美しき習わしを表現したお飾りです。今年の七夕は、ご家族で日本の伝承文化にふれ、星に幸せを願う一夜になさってみてはいかがでしょうか。

嘉門工藝 シェーカーボックスのおさいほう揃えイメージ

嘉門工藝

シェーカーボックスのおさいほう揃え

嘉門工藝 シェーカーボックスのおさいほう揃え商品画像
14,400円(税別)
ご購入はこちら

七夕の節句は、古くは「乞巧奠」と呼ばれ、技芸上達を乞う風習と結びつき、裁縫や字の上達を祈りました。七夕飾りに梶の葉が用いられているのは、古来和紙の代わりに葉に歌を書いて手向ける風儀があったため。モダンなシェーカーボックスがひときわ目を引く裁縫ひと揃えは、シックなモノトーンの針山と、白蝶貝の糸巻きが入った大人のための逸品。今年の七夕は、ご家族で日本の伝承文化にふれ、星に幸せを願う一夜になさってみてはいかがでしょうか。入手困難で探している人も多い、井藤さん作のボックスがポイント。

七夕

七月七日の夕方には、天空の天の川を挟んで織姫様と彦星様が一年に一度、天帝様の許しを得て会うことができるという星合い伝説が、中国から伝わっています。

七日の夕方の行事ということで、「七」と「夕」のキーワードでできた「七夕」を「たなばた」や「しちせき」と読みますが、普通に読んだら「たなばた」と読むことができませんね。中国から七夕が伝わってきたのは、奈良時代。宮中で星の座を作って乞巧奠の星祭りをしたのが最初とされています。

それ以前の古代日本では、この時期、棚機(たなばた)式の織機(しょっき)を織る棚機津女(たなばたつめ)と言われる若い乙女が神様に捧げる神衣を織るという習俗があり、それと中国からの織姫様、彦星様の星祭りにちなんだ乞巧奠の行事が習合し、「たなばた」とも言われるようになりました。

七夕

機織(はたおり)の仕事をする織姫様にちなみ、乞巧奠の星の座には五色の織物や糸、針などの裁縫に関するもの、書や和歌のための紙や筆、数々の楽器など、技芸の上達を願うものが、麦、瓜、桃などの季節の収穫物と共に星空の下(もと)、供えられました。

七夕には、五色の短冊に願い事を書くと願い事が叶うと言われますが、青・黄・赤・白・黒(紫)の五色は、陰陽五行思想の宇宙を統べる五行に通じ、五色が揃うことで強い魔除けの力を持ちます。

また、梶は、当時、大変貴重であった紙の原料の楮であり、その繊維は神事には欠かせない御幣にも使われるほど神聖な力を持つ聖なる植物です。そして、梶の葉を象った梶の葉紋は諏訪大社などの古くからの神社の御神紋でもあるように、梶の葉の姿は神事に通じる清浄な気品をたたえています。

TEXT:長田 なお/日本伝統文化研究家
学生時代から古(いにしえ)の文化に興味を持ち、古典籍を研究。『暮らしの習わし十二か月』では、伝統文化を監修。現在は、学校の講師や企業の企画、雑誌などを通して日本の伝統文化を伝える活動を展開している。

お飾り・お人形

スイーツ

満天の星
2,000円(税別)
お気に入りに追加
酒楽の里 あさひ山
2,278円(税別)
お気に入りに追加
賀茂とうふ 近喜
2,248円(税別)
お気に入りに追加

そうめん

池利
2,000円(税別)
お気に入りに追加
銀四郎麺業
3,000円(税別)
お気に入りに追加
奈良県三輪素麺工業協同組合
3,000円(税別)
お気に入りに追加
揖保乃糸
5,000円(税別)
お気に入りに追加